2004.03.07

SEO-FAQ

SEO/SEM関連の FAQ 関連記事のみSEMリサーチから分離、SEO-FAQ にて掲載しています。
とのことです。FAQが分離してると以前にも増して重宝するってところですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.04

SEM リサーチさんの記事引用

Google、ウェブログ『コメントスパム対策』を実施

ココログangelicanalはコメントなどというモノは頂戴したことさえないのだが・・・。
ここ数週間の間に Google はコメントスパムを無効にする技術を導入したとGoogle関係者が明らかにしています。
とのことですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.02

■ Googleネタ 20:26

[ネタ元]検索エンジンスパムと戦うGoogle(SEMリサーチ3月1日)Googlehttp://www.sem-research.jp/sem/google_2004/20040301223008.html#more

2月26日のWebmasterworld's Publishers Conferenceでの、Google社Matt Cutts 氏の発言を取り上げた記事です。詳細は割愛しますが、BBSやウェブログ(weblog)コメントの評価を下げると言ったことも述べられているようです。また、Googleは今後6ヶ月の間に多くの変更が施されるとしている。ワクワクするぞ:-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.26

Yahoo! USA

2/26 5:19 lj1100.inktomisearch.com Mozilla/5.0 (compatible; Yahoo! Slurp; http://help.yahoo.com/help/us/ysearch/slurp)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.02.25

■ SEO関連ネタ

Google Dance Checker 2 http://google.bookstudio.com/checker2.htm

angelicanalも利用している「Google Dance Checker」http://google.bookstudio.com/index.htmlですが、

2004/02/23 任意のデータセンターを選択してチェックできる Google Dance Checker 2 公開開始。
ネーミングが面倒なので「2」です。

だそうです。 Googleのアップデートが完了し各サーバー間での検索結果に差異が無くなり*1ましたが、次回の変動期には強力なツールとなるでしょう。

*1:むろん例外は有り、参照:id:angelicanal:20040220

| | Comments (0) | TrackBack (0)

■ Googleで見つけて読んだ。

ネタ的には古い記事ですが、メモっておく。

「Webサーチエンジンのビジネスモデルと検索技術動向-Googleを例にとって-」(人間主体の知的情報技術IV 先端情報技術研究所(AITEC) 技術調査部調査レポート平成13年3月)

Googleの技術面を取り仕切るChief Operations Engineerは、Jim Reeseである。Reeseは、Harvard大学を卒業後、Yale Medical Schoolの大学院、Stanford大学で3.5年の間、神経外科を専門とした後、Stanford SRI International[10]では脳のMRI画像を鮮明にするためのコンピュータソフトウェアの開発に1.5年従事したという経歴を持つ。  Reeseは、医学博士であり、コンピュータについてはStanford時代の独学である。SRI時代、ReeseはUNIX ComputerのコンサルタントとしてSRIをはじめ病院以外で活躍している。ちょうど、SRIに来て1年がたったころ、Googleの検索スピードと正確な検索結果に非常に感動し、これがGoogleへの転職を考えるきっかけとなった。

Google検索技術の目標はWebページに記述されたキーワードのテキストだけを読みとるに留まらず、意味的(Semantic)にWebページを解析することにありそうだ*2につながる気がするangelicanalであった。

もう一つ

「SEOとの共存を図りながらもスパム行為には厳しく立ち向かうGoogle」(INTERNET Watch レポート 2003/5/30)http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0530/seo2.htm

Googleはスパム的なSEOを行なっている事業者に対しては厳しく対処している。例えば、特殊な方法を用いて急激に検索結果がランクアップしたサイトに関しては、機械的な方法、人的な方法の双方を用いてチェックを行なう。チェックするスタッフは、米国オフィスのスタッフ(ただし、専任スタッフではない)が目視で行なう。日本語のサイトに関しても、日本人スタッフがチェックをするという。この結果、スパム的だと判断されたサイトは、インデックスから抹消される。ただし現在のところ、この“スパム的”な判断基準に明確なルールがあるわけではない。
悪マニ「Google八分」も米国本社の裁量が必要だってと言うことなのでしょうか。

*2:SEM-SEO塾! ウェブログ「GoogleGuy かく語りき」http://weblog.hyperposition.com/archives/000106.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.24

■ SEOネタ 15:22

[ネタ元]オンラインユーザーの検索行動調査 [InternetRetailer 2002](SEM リサーチ)http://www.sem-research.jp/sem/statistics/20040224081553.html

オンラインユーザーの検索行動に関するデータをまとめた記事の翻訳です。個人的に興味があったので、メモしておきます。商業サイトの皆さんがお金出してまで10位以内とかに拘るのが頷けます。あっ、SEO屋さんの営業トークに使えるのね・・・。

1.48% のオンラインユーザーは SERPs*1 の最初の1ページに欲しい情報があることを期待している。 2.78% のオンラインユーザーは SERPs の最初の3ページまでに欲しい情報がないと判断したら(そのキーワードでの)検索をやめる。 3.インターネット初心者は SERPs の最初の1ページ目に掲載されているWebページのリストから選択する。
4.52% のオンラインユーザーはお気に入りの検索サービスがあり、35% は複数の検索エンジンを使い分けている。
5.68% のオンラインユーザーは検索がうまくいかない時にキーワードを追加する一方、27% は違う検索エンジンで同じキーワードを入力して検索を試みる。
*1:Search Engine Result Pages の略。つまり検索結果画面という意味。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Googleフレッシュクロール初来訪記念

今朝になってチェックしたら、 ココログangelicanalにもフレッシュクロールやって来てたのが確認できたよ。

「株式会社ウェディング」でググっても200位辺りで見つかるようになってきたな。
少々心配になってきたangelicanalでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

株式会社ウェディング発見

sho-web.net(検索エンジン)というHP登録サイトで見つけてしまった。angelicanalも見習って登録してしまった。効果はあるのだろうか???
ついでにMAGIC CITYってところにも登録しちゃった。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.02.22

■ Googleで見つけて読みました

[ネタ元]googleは結局返事をよこさない(編集前の話題)http://atom11.phys.ocha.ac.jp/blog/MT/archives/000014.html

「悪徳商法?マニアックス」の一部ページがGoogle.co.jp及び同社パートナーサイトの検索結果から削除された、いわゆる「Google八分」事件に関連してGoogle社へ問い合わせメールを送った経緯が書かれている。
少々古いネタでangelicanalが気付くのが遅れただけでしょうが、念のためにメモっておこうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)